忍者ブログ
ハイキングにでかけましょう
[8] [7] [6] [5] [4] [3] [2]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



緑の濃さが深まっていく季節ですね。スギ花粉はそろそろ収まってきているようす。

ぶらっと清荒神へ行ってまいりました。

西成区からですと、御堂筋線、阪急宝塚線を乗り継いで、ちょうど片道500円です。

平安時代から開かれた霊地らしく、一般では火の神、台所の神という扱いで、厄除けに火箸をもらったり、火の用心のお札をもらったり。

どんなところかは公式HPをどぞ。

http://www.kiyoshikojin.or.jp/

清荒神の駅からゆっくり歩いても30分ぐらいでつきます。沿道は個性的な店が並んでいて、中世から続くお参りのたのしさが廃れずにいきづいています。



沿道の切れ目に藤を発見。んー。幽玄じゃ。



清荒神の社内に入って、門を振り返ったところ。周囲は完全に森に囲まれていますね。



幹を大人5人ぐらいでかかえられるかどうかという大きな銀杏の木が2本。んー、おサルさんになりたいな~♪



しかし、サルにはなかなかなれないので、拝殿へ向かいます。



拝殿の裏側に回ります。陽に透けるモミジの緑の美しさに感動。

横手には厄除けの務めをおえた火箸が奉納されています。中には巨神兵が使うような巨大なものもあり、関西の底しれぬ力に畏怖をおぼえます(笑)。



奉納された火箸のそばに狛犬発見。狛犬ファンの私としては、もちチェックしますが…。おお、子どもの狛犬がじゃれついておる。かわいいのお…。(ぱあぁぁ…)



本堂の前の池苑は石の配置の工夫をみるのがおもしろいですね。



元気な鯉に囲まれて、もみくちゃにされて沈められたりしながらもめげないカメを池のヘリで応援!鯉よりも注目されています。判官びいきというものですかね。



もっとも奥にある龍王滝。谷間に香の煙が漂って、水量は少ないけど、神秘的な雰囲気。マイナスイオン出てます。水浴びしたいなぁ。サルならいけるなぁ…。

境内をゆっくりあるいて、往復の道を考えると二時間コースでしょうか。ほどよく疲れてリフレッシュできますね。予算も交通費を入れて1500円~2000円でしょうか。



帰りの参道で、ゴマきな粉ソフトクリームをひとつ。これでウォーキングのカロリーは相殺じゃ…。だが、人間ならではの喜びなのじゃあ~♪(正当化)。




PR



コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
忍者ブログ [PR]